私が作る、オーダーメイド保湿ケア ついに誕生。花綸肌潤 Episode1 Episode2

洗顔はとても大切なスキンケアです。
けれどその大切な洗顔で肌を枯れさせているのも本当です。
なぜ枯れさせるか?それは洗浄剤で洗っているから‥
どんなに沢山の保湿剤を配合しようとも、洗浄剤で洗っているからです。

そこで洗顔の逆転発想!
洗浄剤に保湿成分を配合するのではなく、保湿剤に洗浄機能を持たせたら・・・
保湿剤で洗顔できれば「枯れ肌」から起こる全ての肌悩みが解消されるはず。
「潤いたいなら洗顔をする」「潤いを満たすために洗顔をする」「肌が乾いたと感じたら
洗顔をする」「まるで化粧水を補うように洗顔をする」ことになるはず。

奪う洗顔から満たす洗顔へ
花綸肌潤“かりんきりん” エピソード3
“洗えば洗うほど潤う”洗顔新時代への幕開けです。

独自処方の保湿剤カクテルが洗顔中に弾けて潤いをグングン浸透。汚れを浮かしてクレンジング&洗顔しながら、気になるエイジングサインを保湿トリートメント!老化や乾燥によるトラブルの救世主に!

マンナンスフィア効果で毛穴に詰まった黒ズミや老化角質を優しく取り除きワントーン明るい肌に!

さらにマンナンスフィアの程良い刺激は肌の血行を促しお風呂上がりのような柔らかピンクのイキイキ肌に!

洗顔って、いろいろ言われてるけど…実際は何が正しいの…?

そもそも洗顔の目的は、汚れやメイク、不要な角質などを落とし、必要なものをお肌に届けるために、まっさらな状態をつくりあげることです。しかしこの時にお肌に負担を掛けることや洗い残しがあるために、様々な問題が引き起こされるのです。

ダブル洗顔とは、クレンジング剤に
よるメイク落としと洗顔料、
もしくはクレンジング洗顔料による2回洗いのことを言います。
オイルクレンジングは油溶性の汚れがよく落ちるために人気がありますが、
オイルをしっかり落とし切るためには強い洗顔料が必要で、この強い洗顔料には界面活性剤が含まれており、潤いを保つために必要な皮脂まで一緒に落としてしまうのです。
洗顔直後だというのに肌がつっぱったり、一生懸命洗顔したがためにカサカサした経験がありませんか?

そこで最近は、1本でクレンジングも
洗顔もできる、いわゆる洗い上がりが
しっとりする洗顔料が好まれるようになってきました。
しかし、今度は不要な汚れが落とし切れなかったり、いつまでも肌がヌルヌルしているためにすすぎ終わりがわからず、洗顔料が肌に残ってしまうことから、様々な肌トラブルを引き起こしてしまいます。
またしっかり洗ったはずでも、悩みの黒いブツブツ毛穴は変わっていなかったり…。

洗顔が引き起こす!老化や肌トラブルの数々…

取り過ぎると…肌老化の原因に!残ると…肌トラブルの原因に!だから「取り過ぎない」&「残さない」ベストな洗顔料を作りました!

洗顔の逆転発想!
洗浄剤に保湿成分を配合するのではなく、
保湿剤に洗浄機能を持たせました!

良質保湿ジュレで、奪う洗顔から満たす洗顔へ
花綸肌潤“かりんきりん” エピソード3
“洗えば洗うほど潤う”洗顔新時代への幕開けです。

女性が心から安心して信頼して使える、そんな化粧品の開発を目指して立ち上げました。そのスタッフの中に、アトピーに悩んでいる一人の女性がいました。
彼女はそれまでいろいろなスキンケアを試し続けていましたが、肌の乾燥は治まることを知らず、ファンデーションを塗ることが憧れになっていた程だったといいます。こんな自分のような女性のためにも!そんな強い想いから、ある開発中の洗顔料、後に『花綸肌潤“かりんきりん”Episode3』となる製品に出逢います。あとからわかるのですが、なんとこの開発中の洗顔料も、アトピーのお子さんを持ったある方が、ご自身のお子さんのために開発していたものだったのです。
そこから女性の肌悩みや加齢、使い心地や効果などあらゆる方面からの調査研究と改良を重ね、ついに25回もの試作を重ね『花綸肌潤“かりんきりん”Episode3』は誕生しました。デビュー以来、この短期間に驚く程多くの高評価をいただき、こんなにも多くの方が洗顔に悩まれていたことを改めて感じると共に、皆様にお喜びいただけたことにスタッフ一同、本当に嬉しく思っています。

なぜ「取り過ぎない」が可能になったのか?同じ保湿洗顔料でも「花綸肌潤Episode3」は独自保湿洗浄メカニズムを採用!

ハイドロジェルが皮膚を転がり汚れを吸着すると共に、ハイドロジェルは弾けて、内包されている保湿剤カクテルと水を放出します。この放出した保湿剤カクテルがお肌を潤しながら、古い角質や脂汚れ、毛穴に詰まった汚れを浮かすのです。

保湿カクテルが浮かせた古い角質や脂汚れ、
毛穴に詰まった汚れをハイドロジェルが絡め取ります。

※ハイドロジェルとは…
モイスチュアヒーリング(湿潤療法)の目的で医療現場で用いられています。

なぜ「残さない」が可能になったのか?保湿洗顔料でありながら「花綸肌潤Episode3」は天然でソフトなマンナンスフィアを採用!

コンニャクイモが原料のマンナンスフィアが、こわばった角質や頑固な汚れまでやさしく取り除きます。

※マンナンスフィアとは…
赤ちゃん用スポンジにも使われるコンニャクイモが原料の100%天然素材でできた、しっとりと水を含んだ柔軟性のある球状の粒子で。お肌に負担を掛けずに汚れを吸着します。分解性もあり地球にもやさしい素材です。

指先や手の平で感じる小さなスクラブのつぶつぶの感触。このつぶつぶがすすぎの水で流されてなくなった時、それがすすぎ完了のサインです。手触りで誰にでもわかるから、これでもう、一切すすぎ残しなし!!です。

花綸肌潤Episode3の使い方

水または体温より低いぬるま湯でお顔全体を濡らします。
さくらんぼ大の『花綸肌潤“かりんきりん”Episode3』を手に取り、
お顔全体にのばします。

優しくマッサージして汚れと馴染ませると、
微発泡の小さな泡が汚れの再付着を防ぎながら、
汚れを絡め取ってくれます。
指の腹を使って30秒~1分程度を目安に。

水またはぬるま湯でお顔のすみずみまで丁寧にすすぎます。
マンナンスフィアのつぶつぶ感が流れてなくなった時が
「すすぎ完了!」の合図。溜めた水ですすぐ場合も、
最後は流水すすぎがお薦めです。

乾いた清潔なタオルで、やさしく抑えるように
水分を取り除いていきます。
これでスキンケア第1段階が終了。
さっぱり汚れが落ちているのにベタつかない、
まっさらな素肌感覚を感じてください。

「花綸肌潤Episode3」で、まっさらな肌が整えば、あなたが今お使いの、化粧水や美容液や乳液やクリームやさらにはファンデーションまでがもっともっと活きてくるのです!!

洗顔の逆転発想!
洗浄剤に保湿成分を配合するのではなく、
保湿剤に洗浄機能を持たせました!

良質保湿ジュレで、奪う洗顔から満たす洗顔へ
花綸肌潤“かりんきりん” エピソード3
“洗えば洗うほど潤う”洗顔新時代への幕開けです。

よくあるご質問

泡立たないのですが・・・?
『花綸肌潤“かりんきりん”Episode3』は、洗浄機能を備えた独自処方の保湿剤MCS/ハイドロジェル、マンナンスフィア、そして植物性洗浄剤が3段階で汚れをすっきり落とします。この植物性洗浄剤は極少量の配合のため、よく見かける洗顔料のようにモクモクした泡にはなりませんが、汚れはしっかりと落とします。

ファンデーションや口紅もすっきり落とします

泡立てないで、肌への負担はありませんか?
確かに、硬めのジェルを無理矢理お肌にのばすようでは、負担になるかもしれません。そこで『花綸肌潤“かりんきりん”Episode3』は、お肌の負担にならない柔らかさと、洗顔中にたれない絶妙な濃度に仕上げています。ぷるぷるのジュレが、泡立てなくてもスルスルとお肌に馴染んでいく感覚を、是非ご実感ください。
スクラブって毎日しても平気?
『花綸肌潤“かりんきりん”Episode3』に使用しているマンナンスフィアは、赤ちゃん用スポンジにも使われるコンニャクイモが原料の100%天然素材です。しっとりとみずを含んだ弾力性のあるソフトな球状が特徴で、マッサージ剤としても使用されており、毎日朝晩お使いいただけます。
メイクは落ちますか?
ナチュラルメイクは一度の洗顔で充分に落ちます。ウォータープルーフタイプのメイクは落ちませんので、専用のリムーバーをご使用の上『花綸肌潤“かりんきりん”Episode3』をご使用ください。
アトピーですが、使えますか?
刺激の少ない成分を用いていますが、特にお肌の弱い方には、腕の内側でお試しになってからのご使用をお薦めしています。もしも刺激を感じられましたら、ご使用をおやめください。
特定の成分によるアレルギーがおわかりになっている場合には全成分表示をご確認下さい。
【全成分】
水、DPG、グリセリン、BG、ココアンホジ酢酸2Na、マンナン、カラギーナン、オレンジ油、ウンシュウミカン果皮エキス、ユズ果実エキス、リンゴ果実エキス、レモン果実エキス、ウメ果実エキス、キュウリ果実エキス、ゼニアオイ花エキス、トウキンセンカ花エキス、ローマカミツレ花エキス、フユボダイジュ花エキス、ベニバナ花エキス、ヤグルマギク花エキス、ホップ花エキス、カミツレ花エキス、アルニカ花エキス、セヨウニワトコ花エキス、セイヨウオトギリソウ花/葉/茎エキス、オドリコソウ花/葉/茎エキス、ソメイヨシノ葉エキス、ローズマリー葉エキス、ブドウ葉エキス、サボンソウ葉エキス、セージ葉エキス、ハマメリス葉エキス、アロエベラ葉エキス、シソ葉エキス、チャ葉エキス、オランダガラシ葉/茎エキス、セイヨウキズタ葉/茎エキス、オウゴン根エキス、ココアンホ酢酸Na、ラウリルスルホ酢酸Na、アルテア根エキス、オキナワモズクエキス、ヒバマタエキス、オタネニンジン根エキス、ボタンエキス、クレマティス葉エキス、ゴボウ根エキス、ドクダミエキス、アカヤジオウ根エキス、セイヨウトキノキ種子エキス、フユボダイジュエキス、オトギリソウ花/葉/茎エキス、セイヨウナツユキソウ花エキス、パリエタリアエキス、スギナエキス、セイヨウアカマツ球果エキス、酸化鉄、ニンニク根エキス、ワサビノキ種子エキス、ダイズ種子エキス、クララ根エキス、シャクヤク根エキス、トウキ根エキス
防腐剤などの添加物が心配です。
弊社はお肌への安全性を最優先することを開発ポリシーとしています。ですので『花綸肌潤“かりんきりん”Episode3』に合成防腐剤、合成香料、鉱物油、石油系界面活性剤、エタノール、石油系合成着色料、アクリル系増粘剤、合成ポリマー、旧指定成分などは一切使用しておりません。

私達は肌への安全性を何より優先するために下記の3つの基準を満たすことを開発のポリシーに掲げています。

こんなところにもこだわっています!

『花綸肌潤“かりんきりん”Episode3』の独自処方ハイドロジェルの中に包まれた保湿剤カクテルと水分は、肌と接触する時に弾けます。そして洗顔をしている間中ずっと、角質に潤いを与え浸透し続けます。だから洗顔直後から肌はしっとりうるおっているのです。

特殊なハイドロジェルと保湿剤カクテルの働きによりなんとヒアルロン酸の2倍の保水力を実現。潤いを奪うステップだった洗顔が保湿をするためのステップに変わったのです。

美容液などに用いられる和漢、西洋ハーブがなんと52種類も配合。洗うほどに潤って、さらにくすみや弾力のなさなどのエイジングの悩みに対応!
わずかな洗浄成分以外はすべて保湿成分で作られた、とっておきの洗顔料です。天然オレンジのやさしい香りに包まれて、使用感も清々しいと評判です。

クレンジング洗顔料と1gあたりの単価を比較してみました

お客様の声

今までのゲルタイプも気に入っていたけど、たまにスクラブかピーリングをしないと肌がザラザラしてきました。でもこれは日を追うごとに肌がつるつるになってきました。トーンもアップ!化粧水とクリームは今までどおりのものを使っているのに、こんなに肌が変わるなんて不思議な気がします。ほんとに嬉しいです!

定期購入に変更してもらいました。最初は泡立てなくて塗るの?!と、かなり驚きましたが、使ってみたらすごくよかった。すごく自然です。香りも泡立ちもちょうどいいんです。今まで一生懸命泡立てていたのはなんだったのかと思います。シワとかも気にならなくなってきて、化粧ノリもよくて、肌が若々しい感じ。皆さんにぜひお薦めしたいです。

クレンジングと洗顔はスキンケアの基本と思って、それは一生懸命にダブル洗顔をやっていたのですが、ガサガサになってしまい、ついには何を塗ってもずっとカサカサ、粉をふいた状態になってしまいました。
そんな時スキンケアオタクの友人に、洗顔料が悪いと指摘され、コスメサイトでうるおうと高評価だったこちらの花綸肌潤“かりんきりん”を購入してみたんです。5日ぐらいだったと思いますが、完全に粉拭きはおさまり、スキンケアは変えていないのに、肌はツルツルしてきました。洗顔ってこんなに影響するんだなと怖かったです。これからは安心してこちらを使い続けたいです。

私は敏感肌なのか自分に合った化粧品を探すのが大変でなんです。ちょっと良いかなあと思っても体調や季節で合わなくなったり、ものすごく手こずる肌なのです。
だから化粧品選びはトラブルが起きないことが第一優先で、あとは妥協。でも、花綸肌潤は違ったんです!洗顔したのに保湿されてる!洗い上がりの潤い感が全く違う!一瞬たりとも乾燥させないって感じです。
花綸肌潤を使うようになってから分かったのですが私の肌トラブルは乾燥が原因だったみたい。パーフェクトに満足させてくれる化粧品は初めて。とっても嬉しいです。

泡立たない洗顔は初めて使うので、正直少し不安もありました。ただ洗顔後のツッパリや乾燥が気になっていたので思い切って使ってみました。
洗いあがりのしっとり感は本当に驚きました。メイクまでしっかり落ちているのに、まったくつっぱらず、ツルツルしていました。続けるうちに肌全体が透明感が出てきたように感じます。
これからも潤いジェル洗顔、続けていきたいです。

手に取った時の香りが気持ちよくて、洗顔の時もやさしい香りに包まれている感じがとても気に入っています。柔らかなスクラブがスッキリ汚れを落としてくれるし、それでいながら泡で落とすのではないから、洗いあがりがまったくつっぱらない。
この洗顔を始めてからお化粧のノリは非常によくなりました。私たちの年代はどんな高い美容液を買うよりも、洗顔を変えた方が効果的なんだなと実感しています。

石けんを泡立てるのも面倒だし、朝は洗顔料を使わないほうがいいと何かで見てから水でザブザブ程度の洗顔だったんです。
でも、何となくスッキリしないし、肌の黒ズミやブツブツ、午後からのギラギラ、テカテカを何とかしたくて花綸肌潤を使い始めたんです。選んだ理由は泡立てなくていいから(笑)とにかくメイクの持ちにビックリ!!うっかりお化粧直しを忘れるほどです。

この花綸肌潤、お風呂で洗うときは首や胸元まで使っています。最初は顔だけだったのですが‥使い始めて2週間くらいのころ首が日焼けしていると友人に指摘されたのがきっかけ。言われてみれば確かに首と顔の色が違うのです。他にスキンケアは変えていないから原因は花綸肌潤。ただ朝晩洗い続けていただけなのに驚きです!くすみが取れると透明感が出て肌のイキイキした感じが全然違うのです。最近、老化角質って良く聞きますが、それが洗顔で取り除かれたのですよね。洗顔で若返るんですから、こんな簡単な若返り法はないですよ。

あなたのエイジングケアも洗顔から変わる!良質なうるおい肌を今すぐ体感!!

洗顔の逆転発想!
洗浄剤に保湿成分を配合するのではなく、
保湿剤に洗浄機能を持たせました!

良質保湿ジュレで、奪う洗顔から満たす洗顔へ
花綸肌潤“かりんきりん” エピソード3
“洗えば洗うほど潤う”洗顔新時代への幕開けです。